ダンスが苦手な人の特徴とは何?

ダンスが苦手な人の特徴とは、体力・筋肉量が足りないといわれています。ダンスは全身の筋肉を使って激しく動く必要があるので、ある程度の体力と筋肉が付いていない人は体を俊敏に動かすことが難しくなります。

プロアスリートのような筋肉質の体型を目指す必要はありませんが、ダンスは足や腕をしっかり動かす必要があるのでしなやかな筋肉をつけるためにも、普段から筋トレや食事で体つくりを行うことが重要です。

他にも体の柔軟性が低いことも特徴の1つであり、体が硬いとダンスの最中にポーズがとれなかったりキレのある動きができなくなるので、ストレッチでしっかり体の柔軟性を高めるためにも、こまめなトレーニングを行うことが大切になります。