地声と裏声

「あー」と発生してみて下さい。「地声」でしたか?「裏声」でしたか? 「地声」ですとか、「裏声」という声の分類は聞いたことがありますか? ボイストレーニングや、発生の理論を説いたような本などには、「地声」「裏声」の他に、「チェストボイス」「ミドルボイス」「ミックスボイス」「ヘッドボイス」「ファルセット」などといった、声の音色の呼び名がでてくることが多いと思います。

それぞれは、「地声」「裏声」なども含めて、声の音色を聞き分けた時の区分であって、厳密な区分けがされているわけではありません。高い声、低い声を出した時に、なにか違いを感じ取ることはできますか?自身の息使いや、身体のどのあたりに力が入って、どんな感覚で音域を行き来しているか、そんな感覚の使い分けで出せる声の音色の違いをそのような区分で呼ぶことがあります。

最初から、そのような区分を意識して歌う必要はありません。まずは、歌いたいように歌ってみる。自分の思い通りに声が出せない時に、そのような声の使い方があるのだなと理解する程度で良いのではないかと考えています。