発声練習 ハミング

<発声練習例 ハミング>
『ハミング』とは、口を閉じた状態のまま口や鼻を響かせるように音を出すことであり、いわゆる『鼻歌』のことをさします。
口を閉じた状態で、鼻からお腹に空気を吸い込みます。そして「んーーー」とゆっくり長めに音を出していきましょう。力を入れ過ぎずリラックスした状態で、鼻に響かせることを意識することが大事です。ハミングの際に鼻などに震えのような響きを感じられているようなら、リラックス状態に近いと言えるでしょう。
口を閉じたままのため、口を開いた状態の時と比べると、出せる音が限られてしまいます。しかしそれゆえ、音程を合わせるという行為に、口を開いた状態以上に集中しやすく、練習することで上達しやすくなるのです。またハミングをうまく行うためには、腹式呼吸が必須となってきます。そのためハミングの練習をすることは、腹式呼吸の練習にもつながるでしょう。そしてハミングは主に鼻を使って音を響かせるのですが、口を開けて歌う際も同じように鼻も使って響かせることが大事となります。よってハミングで音を響かせることは、口を開けて歌う時の響きの練習でもあり、練習を続ければ声がよく通るようになる可能性が高いです。